top of page

いつかの記憶

tumuguを形にする前にみた夢の、もっと前。


10年前。

実際の情報は、夢ではなくて、

魂が抜けて光の先にいった



東京も

ホテルも

フランスも

おばあさんも

柱も

画家も

階段も


おばあさんの口から説明された


何に繋がっているのかなんて考えずに

誰にも言わずに、歩んできた


今だから、記すけれど


すやすや眠る息子の刻印は確かで


そのとき、覚悟をした


だっていつかの贈り物だから


魂のつながりを見縊らないことを



蚊帳の外にいたら見えないこと


蚊帳の中では、目が醒めること





さ、2学期!









閲覧数:82回0件のコメント

最新記事

すべて表示

みどりの日

新緑が美しく 聞こえる音も 新緑の様に 感じる 花や蜜蜂、中も、外も、 ヒソヒソと情報交換 そんな羽は尊くて 存在の尊さを 認識する ととのうって よい流れにのること そんな風に思う 美しさは 綺麗だけではなく もがくなら もがいて 息子がもがくなら 一緒にもがいて もがいて 安心安全なレールを用意しすぎない かっこわるいを知らないことこそ かっこわるいと思うから さみしいや悔しさズルさ心配もある

今日のマルU^ェ^Uも、いい💩

わたしは視力が良くないので、近くをみる。 だから、感じた気持ちを置きざりにできないところが良いところでもあり、なかなか流せないところでもある。 けれど、遠くを見すぎると、 感じた気持ちや 直感を見逃すってことも、ある様に思う。 息子たちもひとつひとつ歩んでいます 持っているものを持っててもいい 一番近いこころを 直感を大切にしてほしい

🌏

ゴミからはじまる なんで? 今日は おおきな◯い真鍮を支えている アクセサリーの紐を お治しします ◯の中にいると見えないものを ◯から出て、見ることで ◯の中がよく見える 心地良く暮らせるように 何を手にしますか 🏃‍♀️‍➡️ ランニングのあとは とても さわやかな気持ちになります 清々しい 循環

Kommentare


bottom of page