お手紙ありがとうございます

山口のお客さまから今時分お手紙が届きますが、


あの空間を受けとってくださっていた方は同時進行で動きがあるんだなぁと感じます


ありがとうございます



行きたい生きたい方向って、


腹に決めてるんだと思うのです


思うように動いていかなくても良い悪いではなくて ただそうだったと受けとめ 


目的を確かめながら そのための今だと歩んでいく


宗教、教育、化学、芸術、、名がいりますか?


もう 分けなくていい時代です


みんなが信じていることを表現して繋がる


tumuguは先を見据えた場所でしたので 笑。様々な分野のお客様がおられましたが、みんな同じ空間にいて料理を召し上がってくださっていました 


いつしか自分は湖だと思うようになり、卒業したのです


名をつけようのないところにある、情熱、真剣さ、優れたもの、弱さ、想い、、、そんな人の中にある炎のようなものに 人は清められるのだと思うのです


腹に決めていることが 本当のあなたからの想いであれば 


あなたのペースで 


目的は逃げも隠れもしないのだから


山登りをすれば良いってものではなく

髪を短くすれば軽くなるってものではなく

身体を壊さないように愛でるには、、


水面から頭を出すとき どんな動作をしますか


修行の先へ



お返事書かせてくださいね








閲覧数:83回0件のコメント

最新記事

すべて表示

宝物のような すてきな写真を ありがとう あの日から 今日まで 地を海を丸ごと抱いてきた 島根のワカメを 頬張っています その度に 自分の中の 地が 海が 呼応してる 大丈夫? 大丈夫だ だから 信頼をしています

父と2人で話すときは いつも 答えを互いが聞くとき あぁやっと と 目をつぶって 深く悦んで その感覚は 見えない大切なサポートたちも 拍手している 母にも分からない 涙も 笑顔も あること 父とだからこそ 導きあえた歩み だから 母は優しいんだ あいのなかで 丸ごと抱いてきた時は で合う度に 呼応する 宝物 🌈

近くにいても どんなに近づいたように見えても 深いところでは 分かり合えない悲しみや あきらめとか はじき合う さみしさも それでも 歩みよって協調していくことは もう沢山学んだし 沢山味わえたから そのカリキュラムは もう とっくに おさめた だからこそ ご褒美は 表面的なことはちがうかもしれない けれど 一番大事にしてるものだったり 生きるなかで尊んでいる 自分の軸と同じ 同じ祈りや 感受性を