top of page
  • 執筆者の写真Saito mayumi

🔶ずっと在るから🔶




なつかしい神社をお詣りした



椅子に腰掛けていたら


偶然


鞄から出された高尾山の巾着袋


思わず


その女性へ


声をかけた




女性としてできることは


その子が産まれて


この子の見えない愛や尊敬を


拾い集めること



何があっても


何を言われたとしても


現実や事実と

見えない自由で壮大なあなたを


バランスよく泳いでいこう



涙を流せること


お腹がいたくて悲しいと伝えてくること


それは


本当の強さだから




もともと在る自由


純粋なほど選びようがないことも


目の前に現れてくることも




産まれて


ずっと


その時のなかに一緒に居る


いつも

まっさらで


見たこともない青空は


どこまでも


広がっていくよ

閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

齋

bottom of page