top of page

シンプル こどもの頃の宝もの

大きなリースを

たのまれて

つくりました



では トイレのドアに飾りましょう






子どものころのお家には


煙突がありました



碧の絨毯

水色のドア



サンタさんが分かりやすいように


そんな好きな場所に


弟と


紙に矢印を書いて貼っていました




だれも見ていない 煙突


そんなことに私達はワクワクしていました




今が忙しいと



人は



ふりかえることを忘れてしまう




あのとき

あの人は

どう

感じたのだろう


🫧




すべての自然へ




答えがみえないときは


ふりかえってみよう





自分自身のなかの神聖な部分


忘れないで




なにもかも


後悔のないよう


1日1日を大切に





今朝は弟から



3人の命名書を創ってほしいと伝えられました



わたしは何より



弟が



ひとつ

ひとつ


愛を学んでいる姿は


なつかしくて


みていて


その度に


感動してしまいます




祝いたい

覚えておいてほしい

そんな想いを

大切に

命名書もつくりたいと

思います








閲覧数:45回0件のコメント

最新記事

すべて表示

無理をしないでね〜

最近のマル🐶は 自力で立つことも歩行もできなくなりました けれど 心臓は元気。 動きたい素ぶりをするため どうにか工夫して筋トレをしています 祖母の遺してくれた座布団がめっちゃ役に立ってる 足も冷たいからたくさん触って 老いてくマルから気づくこと、沢山あって お目めは最高にキュート。 いろいろのなかで 一歩一歩 すでに よくがんばってるから がんばれなんて、、言えないよね 本当におつかれさまだよ

希望 〜日々を大事に生きよう〜

人も自然のなかの一部。 一人一人ちがうことを改めて改善していく。 記録。 次男のヒーリングを3月末にはじめた。 3歳からアトピー性皮膚炎といわれ、様々を見直しながら、ゆっくり徐々に6歳頃には酷くは出なくなった。 今年2月あたりから何か感じはじめ、口の周りの荒れはひろがり、顔、身体に痛々しい湿疹。 いろいろと耳にも入る。 4月9日 趣味である書道のおかげで、 以前から様々な噂を聞いていた漢方の先生に

いつも中立に

髪サラサラですね〜 とか お肌ツヤツヤ〜 とか 何をされてるんですか とか 何をやっているか分からない とか つかみどころがない とか ど天然 とか そう言われてもいい ただ そうなんだ うれしいなぁと思う 無理のない愛がいい きれいにならなきゃとか 歩かなきゃとか 無理をしていると とても疲れる お花の種類がちがうのに その花になろうとしたってなれないから 家族でも どんなに好きな人でも 受けと

Comments


bottom of page