top of page

ヒーリングとは

更新日:2020年5月9日

純粋こそ すべて


働かせて頂いている歯科医院は


ドクターはじめ、衛生士は、食、整体、ダンサー、靴、、様々な分野で活躍している人達が働いている


みんなそれだけで食べていけるでしょうに、さらなる進化を目指す 


共通しているのは、


いつでもやめてもいいという強さがあること


相手の幸せを知っている強さがあること


弱さゆえ曝け出してきたからの強さは


それぞれに、全てを任せれるという


ある意味 責任重大だけれど 自由な毎日が新しい空間です


心からのこしたいと思える歯科医院です


たくさんの中で、そう思えるものはそんなに無いものです


それこそが美しいことで美しいことを互いが取ることなんだと思う


いろんなトリックのある地球の中で、


自分へ、なぜこれをやったのかを ひとつひとつ確認しながら 見えてくるように


わたしが大切にしたい見えないものは

記憶 人 未来、、は、

いつのまにか見えるようになっていて

これからも そうなる


けれど、記憶には言葉が無いから

目の前にやってきた果物から蘇ったり、、


けれど、そこに閃きとともに向き合う


自分の中で終えた過去から持ってくることにこれからの時代は未来はない


尊い生命のために 今のわたしに あなたに


てっぺんから爪先まで 先入観なくヒーリングすること  


これは常々 セッションはじめ患者さまにも伝えていきます





閲覧数:101回0件のコメント

最新記事

すべて表示

無理をしないでね〜

最近のマル🐶は 自力で立つことも歩行もできなくなりました けれど 心臓は元気。 動きたい素ぶりをするため どうにか工夫して筋トレをしています 祖母の遺してくれた座布団がめっちゃ役に立ってる 足も冷たいからたくさん触って 老いてくマルから気づくこと、沢山あって お目めは最高にキュート。 いろいろのなかで 一歩一歩 すでに よくがんばってるから がんばれなんて、、言えないよね 本当におつかれさまだよ

希望 〜日々を大事に生きよう〜

人も自然のなかの一部。 一人一人ちがうことを改めて改善していく。 記録。 次男のヒーリングを3月末にはじめた。 3歳からアトピー性皮膚炎といわれ、様々を見直しながら、ゆっくり徐々に6歳頃には酷くは出なくなった。 今年2月あたりから何か感じはじめ、口の周りの荒れはひろがり、顔、身体に痛々しい湿疹。 いろいろと耳にも入る。 4月9日 趣味である書道のおかげで、 以前から様々な噂を聞いていた漢方の先生に

いつも中立に

髪サラサラですね〜 とか お肌ツヤツヤ〜 とか 何をされてるんですか とか 何をやっているか分からない とか つかみどころがない とか ど天然 とか そう言われてもいい ただ そうなんだ うれしいなぁと思う 無理のない愛がいい きれいにならなきゃとか 歩かなきゃとか 無理をしていると とても疲れる お花の種類がちがうのに その花になろうとしたってなれないから 家族でも どんなに好きな人でも 受けと

Comments


bottom of page