料理教室in山口県宇部市

今年の2月末から料理の仕事をしていません


決まっていた出張も全て開催できませんでした


毎週、おはぎをつくっている位です 


ですが、整体歯科にご縁があり


食の指導と患者さんのケアをさせていただくことで、


料理をつくる たべる


の過程がなくても、いや、ないから、

伝えることの幅がより拡がりました


少し前に、

このアドレスは未だつながりますか?

真弓さんの料理教室に行きたいと


宇部の家で開催していたときからのお客様から、ご連絡がありました。


以前のiPhoneが突然破壊のときに、連絡先が一切消えてしまっていたのです


メッセージのやりとりから、気持ちが嬉しく、

久しぶりに教室を開こうと思いました


今年はコロナもあり、

みなさんが身体や心、生き方、これからを、

さまざまなことを考えられています 


この2020終わり間近に、また、お料理を通して

学びあい、教えあえることに、

感謝しています




11月2日 月曜日


お昼の部。


11時から13時半。


初❣️宇部の家 「齋藤家」

新川校区です


この度の料金は、1万円です!



11月2日


夜の部はご予約済みです。募集できません。

お昼の部、ご予約お待ちしております

あ、ワンコ🐕‍🦺がいますー! ご予約。

tumugu5kioku@gmail.com

か、

ホームページのメッセージにお願いします


齋藤真弓

閲覧数:108回0件のコメント

最新記事

すべて表示

宝物のような すてきな写真を ありがとう あの日から 今日まで 地を海を丸ごと抱いてきた 島根のワカメを 頬張っています その度に 自分の中の 地が 海が 呼応してる 大丈夫? 大丈夫だ だから 信頼をしています

父と2人で話すときは いつも 答えを互いが聞くとき あぁやっと と 目をつぶって 深く悦んで その感覚は 見えない大切なサポートたちも 拍手している 母にも分からない 涙も 笑顔も あること 父とだからこそ 導きあえた歩み だから 母は優しいんだ あいのなかで 丸ごと抱いてきた時は で合う度に 呼応する 宝物 🌈

近くにいても どんなに近づいたように見えても 深いところでは 分かり合えない悲しみや あきらめとか はじき合う さみしさも それでも 歩みよって協調していくことは もう沢山学んだし 沢山味わえたから そのカリキュラムは もう とっくに おさめた だからこそ ご褒美は 表面的なことはちがうかもしれない けれど 一番大事にしてるものだったり 生きるなかで尊んでいる 自分の軸と同じ 同じ祈りや 感受性を