• 真弓

潰す気ですか

先月のカウンセリングにおいての一部ですが


記させてください



「ホームセンターで売ってあるお花や


公園の枯れ葉を


お皿に盛り付ける従業員がいる」


どういうこと、、❓


まして

場を借りているにもかかわらず


確かに見た目は映えるけれど


見た目のことしか考えていない



何かや誰かに似ているとか


あの人とは繋がっているからお願いして見たらとか


簡単につなげさせて、あとは知らんぷり


このタネを蒔いた人に重大な問題があります


この方とは話をしました




記憶と投影は違います



失ったことのある何かや


満たされなかった何かは


誰もがありますし、生きていたら発動します


けれど自分で解決しなければなりません


鏡となることもできますが、、

相手が誰かや物に投影しているうちは


その誰かや物に、相手自身を探していて


対象物のことに愛があるのかすらも、わからない状態です





命に関わるような出会いや出産や事故や病気や障害は


誰もが持っている種のようなものです


それこそが


先天的な記憶です


愛です


だからこそ


どんなことが起こってもそこから進める一歩は


生命力の強さしかないんです


自分自身の身体をちゃんと知ることです



にもかかわらず、平気でこのようなことをできるのは


無関心としか言いようがありません




どうか、あらゆるコントロールに気づける


必要な人だけに届きますように




節分


立春


今年は、大きなアオモジを生けましたーーー


花瓶に💖


山口では道を歩いていたらしょっちゅうありますが


関東ではみかけなくてお花やさんで買って来ました








閲覧数:74回0件のコメント

最新記事

すべて表示

宝物のような すてきな写真を ありがとう あの日から 今日まで 地を海を丸ごと抱いてきた 島根のワカメを 頬張っています その度に 自分の中の 地が 海が 呼応してる 大丈夫? 大丈夫だ だから 信頼をしています

父と2人で話すときは いつも 答えを互いが聞くとき あぁやっと と 目をつぶって 深く悦んで その感覚は 見えない大切なサポートたちも 拍手している 母にも分からない 涙も 笑顔も あること 父とだからこそ 導きあえた歩み だから 母は優しいんだ あいのなかで 丸ごと抱いてきた時は で合う度に 呼応する 宝物 🌈

近くにいても どんなに近づいたように見えても 深いところでは 分かり合えない悲しみや あきらめとか はじき合う さみしさも それでも 歩みよって協調していくことは もう沢山学んだし 沢山味わえたから そのカリキュラムは もう とっくに おさめた だからこそ ご褒美は 表面的なことはちがうかもしれない けれど 一番大事にしてるものだったり 生きるなかで尊んでいる 自分の軸と同じ 同じ祈りや 感受性を