私たちは、賢く、優しい

いつもご購読ありがとうございます!


休憩したくて、お盆やすみを長めに設定。

ひとり旅の途中ですが、今感じてることを〜。



どの人々も、


あたりまえの生活、仕事、家族、、

は、あたりまえではなくなった今


コロナと共存して生きよう みたいな右へならへのような

お隣がこうしたから、こうしようとか、

同じように皆さんみえますが、

誰かが我慢する生き方にしかみえない。


疾病の流行において、


太陽光や安静しかなかった時代では、

本人、家族も、我慢はつきもの。


反対に、

医学は発達し、薬や機械、レントゲンはどんどん新しいものが出て

外側からだけのケアだけでは、繰り返すだけで、これも、我慢はつきもの。



わたしも、ゼロから変化して、とうぶんの間は、我慢はついてきました。


奥歯も欠けました 笑。


けれど、根っからの医療精神、必ず自分を克服する!と意志に変えました。


素直でいました。


息子だってゼロからスタート、なんたって、


素直でいてくれたから。


間違いだと思うことには、頑固に。


向き合いたければ、向き合いたいと。


助けてほしいときは、周りへ、両親にお願いして。


断られたら受けとめて。


けれど、だれも知らない土地で、snsも盛んではないのに、何故か人に相談されたり、頼られることは変わりませんでした


セッションや医療現場では、さらにケアの重要性を感じました



子育てもそうですが、


一人一人が内面も外面も、


痛みや喜び、症状を出してくださることで、


克服する事実を痛感しています


この旅でも!



共存している抱えている何かは、もうさらけ出していいんですよ


大きくみせようとしなくてもいいし


肯も否もないありのままでいたら、手をさしのべ、手をさしのべられます


コロナ前後はどうなる?とか 


コロナ共存?とか


私は断じてそのようなことには共存しません。


問題視せず、たんたんと。


一人一人の克服を願って行う


無意識を意識して、


私たちは、賢く 優しいのだから








閲覧数:88回0件のコメント

最新記事

すべて表示

宝物のような すてきな写真を ありがとう あの日から 今日まで 地を海を丸ごと抱いてきた 島根のワカメを 頬張っています その度に 自分の中の 地が 海が 呼応してる 大丈夫? 大丈夫だ だから 信頼をしています

父と2人で話すときは いつも 答えを互いが聞くとき あぁやっと と 目をつぶって 深く悦んで その感覚は 見えない大切なサポートたちも 拍手している 母にも分からない 涙も 笑顔も あること 父とだからこそ 導きあえた歩み だから 母は優しいんだ あいのなかで 丸ごと抱いてきた時は で合う度に 呼応する 宝物 🌈

近くにいても どんなに近づいたように見えても 深いところでは 分かり合えない悲しみや あきらめとか はじき合う さみしさも それでも 歩みよって協調していくことは もう沢山学んだし 沢山味わえたから そのカリキュラムは もう とっくに おさめた だからこそ ご褒美は 表面的なことはちがうかもしれない けれど 一番大事にしてるものだったり 生きるなかで尊んでいる 自分の軸と同じ 同じ祈りや 感受性を