top of page

親のこころ

春夏秋冬

ピアノを弾く



単なるルーティンではなく、

気持ちの在り方ひとつで

いくらでも楽しくなって時が経って

当たり前の事実が持つ重みは、子供たちへのギフトかなぁなんて思う




昨日の早朝

子供たちの曽祖母は息をひきとりました

わたしにとっては、本気の向き合いと厳しさ、笑顔や味の記憶、、食べることを通しても師のような人でした

しっかり 手を合わせてきます





あまり眠れなくて

静止したような秋晴れの今日



今朝は ピアノを調律して頂きました

なんか違うなぁと感じていて

弦のひとつのフェルトが剥がれていました



鹿の皮がいい味です







言葉にならないことや

分からないこと

白黒はっきりできないこと

それもそれでいい

ただ その都度新しい気持ち 気づき

進化の道程

ため息が出るような伝統



そんな普遍的ななかで私たちは生かされている



空間を尊ぶ力こそ

調和のちからのような




その音に

どれだけこころ弾んだことでしょう






2018.8.8


調律師さんから本を頂いた時、名の隣に、真心 と

サインしてくださいました

今も大切にしております

その方は引退されましたが、受け継いた方も以前から存じていて、また、素晴らしいお話ができました



🙌



🧎





感謝


閲覧数:38回0件のコメント

最新記事

すべて表示

みどりの日

新緑が美しく 聞こえる音も 新緑の様に 感じる 花や蜜蜂、中も、外も、 ヒソヒソと情報交換 そんな羽は尊くて 存在の尊さを 認識する ととのうって よい流れにのること そんな風に思う 美しさは 綺麗だけではなく もがくなら もがいて 息子がもがくなら 一緒にもがいて もがいて 安心安全なレールを用意しすぎない かっこわるいを知らないことこそ かっこわるいと思うから さみしいや悔しさズルさ心配もある

今日のマルU^ェ^Uも、いい💩

わたしは視力が良くないので、近くをみる。 だから、感じた気持ちを置きざりにできないところが良いところでもあり、なかなか流せないところでもある。 けれど、遠くを見すぎると、 感じた気持ちや 直感を見逃すってことも、ある様に思う。 息子たちもひとつひとつ歩んでいます 持っているものを持っててもいい 一番近いこころを 直感を大切にしてほしい

🌏

ゴミからはじまる なんで? 今日は おおきな◯い真鍮を支えている アクセサリーの紐を お治しします ◯の中にいると見えないものを ◯から出て、見ることで ◯の中がよく見える 心地良く暮らせるように 何を手にしますか 🏃‍♀️‍➡️ ランニングのあとは とても さわやかな気持ちになります 清々しい 循環

Comments


bottom of page