tumugu


tumuguは暮らしのまわりのモノ コトの場です

暮らす = 暮らしをととのえる

食べる 着る 働く 遊ぶ  生活すること

みんな だれかと それぞれの暮らしがある 

わたしの置かれた暮らしを

日々の暮らしで培ってきたことを表現してきました

そして 今も。

今の日々の暮らしを生きながら表現しています

みなさんの暮らしの変化を

ここで

沢山見させていただき聞かせて頂いています

おなじく 私の暮らしも日々変化していて

小さな変化の積み重ねが大きな変化になることもあります

今  には過去 現在 未来 の全てが詰まっているから

今 向かいたい方向へいつも歩みたいと思います

私の 暮らしのまわりのモノ コト を

まず

いつも整える 

そうして そこから みんなへ表現できる

その凹凸の過程も表現しながら

それが私の仕事であり暮らしだと 今 あらためて感じています

雨があがり新月を迎えて

真っさらな今日3月8日

お食事にお買物にお話しに お寄りいただき

ありがとうございました


閲覧数:83回0件のコメント

最新記事

すべて表示

宝物のような すてきな写真を ありがとう あの日から 今日まで 地を海を丸ごと抱いてきた 島根のワカメを 頬張っています その度に 自分の中の 地が 海が 呼応してる 大丈夫? 大丈夫だ だから 信頼をしています

父と2人で話すときは いつも 答えを互いが聞くとき あぁやっと と 目をつぶって 深く悦んで その感覚は 見えない大切なサポートたちも 拍手している 母にも分からない 涙も 笑顔も あること 父とだからこそ 導きあえた歩み だから 母は優しいんだ あいのなかで 丸ごと抱いてきた時は で合う度に 呼応する 宝物 🌈

近くにいても どんなに近づいたように見えても 深いところでは 分かり合えない悲しみや あきらめとか はじき合う さみしさも それでも 歩みよって協調していくことは もう沢山学んだし 沢山味わえたから そのカリキュラムは もう とっくに おさめた だからこそ ご褒美は 表面的なことはちがうかもしれない けれど 一番大事にしてるものだったり 生きるなかで尊んでいる 自分の軸と同じ 同じ祈りや 感受性を