4.28 4.29 4.30 ビュッフェのこと      - これからも -


幼いころから 人の出入りが多い家で育った 大人になってもそれは変わらず 我が家を慕ってきてくれる子達は みんな人が好き だから集まる 色々あってもテーブルを囲めば笑顔になる 人と人をごはんが繋いできたから これからも ごはんが繋いでいく

同じように 勝手にだけど ゆにこさんからも同じものを感じた だからこそ一緒に台所に

大切なことは

身体がちゃんと覚えてるのだと思います

大切な人をきっかけに 

そんな点は また一つまた一つ降ってきて

新たに育んでいく

以下 ゆにこさんから

・・・ 今月末は山口へ 朝の冷たい空気から 夏を思い出すような暖かい午後 気温の変化に時間の感覚が のびたり 縮んだり しているかのようです ちょうど 年号の変わるころ 4月28.29.30日の3日間 山口県宇部市の小野湖の湖畔 tumugu @tumugu_coya さんでの aoさんの展示に合わせて お食事を作らせていただきます 今回は 店主の真弓さんと共に ブュッフェスタイルでの昼食会 今年の長い長いゴールデンウィークの最中 ご家族だったり 遠くからであったり たくさんの方々に この季節を存分に感じていただきたいと 今回はブュッフェスタイルに させていただきました ちょうど しばらく場所を持たずに お料理させていただくことを決心した朝 tumugu真弓さんから届いたメッセージ 誰かと一緒に厨房に立つことも初めてですが 気づいたら 「よろしくお願いします」 とお返事していました 真弓さんが お店に来てくださっていたのは3年前 なかなか伺えずにいた お写真だけで拝見していた景色 新緑がお迎えしてくれそうで とても楽しみです 先日の打合せの時に買ってきたお野菜を使って 今日のお昼 春をめいいっぱい感じて 次の季節に進もうと思います ご予約はtumuguさんに お願いいたします 


閲覧数:110回0件のコメント

最新記事

すべて表示

宝物のような すてきな写真を ありがとう あの日から 今日まで 地を海を丸ごと抱いてきた 島根のワカメを 頬張っています その度に 自分の中の 地が 海が 呼応してる 大丈夫? 大丈夫だ だから 信頼をしています

父と2人で話すときは いつも 答えを互いが聞くとき あぁやっと と 目をつぶって 深く悦んで その感覚は 見えない大切なサポートたちも 拍手している 母にも分からない 涙も 笑顔も あること 父とだからこそ 導きあえた歩み だから 母は優しいんだ あいのなかで 丸ごと抱いてきた時は で合う度に 呼応する 宝物 🌈

近くにいても どんなに近づいたように見えても 深いところでは 分かり合えない悲しみや あきらめとか はじき合う さみしさも それでも 歩みよって協調していくことは もう沢山学んだし 沢山味わえたから そのカリキュラムは もう とっくに おさめた だからこそ ご褒美は 表面的なことはちがうかもしれない けれど 一番大事にしてるものだったり 生きるなかで尊んでいる 自分の軸と同じ 同じ祈りや 感受性を