top of page

ふと。。


tumuguは広告もないし、看板は小さく、取材も全部お断り

そんなお店ですが

オープンした頃

初日からたくさんのお客様がこられた

インスタグラムだけは書いていた

今思い返すと、オープン当時の3年前、一番多かったお客様のジャンルは

写真もしくはカメラが趣味な方々だった

大きなカメラを皆様抱えて、写真とっていいですか❓店主さんの写真もとっていいですか❓

この風景なので仕方ないなと思ったから

私の写真は遠慮させてください店内と風景はどうぞと伝えていた

それから連日のようにカメラを抱えた方々は絶えなく、呼び合い、遠くからも訪れられていた

お断りの張り紙を貼った

歩きながら撮られると他のお客様にご迷惑になりますので 座られた席だけでお願いします と。

それから、徐々にカメラを持った方々のご来店は減っていった

だけれどイベントの時だけこられるようになった

カメラを持って

snsに投稿して、、、くださる

今回のイベントはどうだろう。。0だった

そうなんです、今、現在、カメラの趣味のお客様は0なんです

ということは、tumuguが好きでもなんでもない ということになる

あの方達は、今もなお、そういう映えする場所を求め、同じことをされているのだろうか

本当のところはわからないけれど

現実が物語る

視点はどこに 様々だ

本当の写真、本質の美、自然、欲望とはなんだろうと思ってしまう

ao展最終日にふと。。

10日間、大盛況でした!

純粋にお食事を食べたい。純粋にモノが見たい。純粋に話がしたい。純粋にここが好き。

どなたも自分のためにされている。誰かに見せるためではない。

そんなことを伝えてくださる。

どこに向かい流れて

どこに向かい流れ出すのか

焦点はどこですか

ご来店ありがとうございましたーーーーーーーーーーーお疲れ様です


閲覧数:113回0件のコメント

最新記事

すべて表示

みどりの日

新緑が美しく 聞こえる音も 新緑の様に 感じる 花や蜜蜂、中も、外も、 ヒソヒソと情報交換 そんな羽は尊くて 存在の尊さを 認識する ととのうって よい流れにのること そんな風に思う 美しさは 綺麗だけではなく もがくなら もがいて 息子がもがくなら 一緒にもがいて もがいて 安心安全なレールを用意しすぎない かっこわるいを知らないことこそ かっこわるいと思うから さみしいや悔しさズルさ心配もある

今日のマルU^ェ^Uも、いい💩

わたしは視力が良くないので、近くをみる。 だから、感じた気持ちを置きざりにできないところが良いところでもあり、なかなか流せないところでもある。 けれど、遠くを見すぎると、 感じた気持ちや 直感を見逃すってことも、ある様に思う。 息子たちもひとつひとつ歩んでいます 持っているものを持っててもいい 一番近いこころを 直感を大切にしてほしい

🌏

ゴミからはじまる なんで? 今日は おおきな◯い真鍮を支えている アクセサリーの紐を お治しします ◯の中にいると見えないものを ◯から出て、見ることで ◯の中がよく見える 心地良く暮らせるように 何を手にしますか 🏃‍♀️‍➡️ ランニングのあとは とても さわやかな気持ちになります 清々しい 循環

bottom of page