• Saito mayumi

皐月🎏


何もない丘 

何もないようでも見えてくる光景 いつのことだろう

18ねん 駆けぬけたなぁ

何か遺せたのだろうか、、

と、肩をおとす   ??

いやいや その逆 胸張れるって

島に導かれた秘密はさておき

島後の丘の上で 

あの金星に繋がってから

ひとつ

ひとつ

あたりまえがひっくりかえり

卒業してくときは

一瞬にして そうなる

いつからか

この形ではなくなったとモヤモヤしていたこと

意識ではわかっていたことだった

その先のイメージが明確になったときに

すごいスピードで起きた

今は変化はこんなにも穏やかなんだと

今までと違う選択に自然と導かれてく

植えつけられた  あたりまえ

もうそれではなくなった風景

そのぜんぶ 溶けていく

そして新しく 

あたりまえを つくっていけばいい

また ひとつずつ

この先に

もっと大きな笑い声が聞こえるんだよね

ちゃんと表現するときがくるまで

今は この視点を足元まで馴染ませていこう

心地いい振動で

その時 どんなに変化しているかなぁ

今朝も 鳥の声が賑やかで 若葉は活き活きしてる

生かされていること

今ここに 全てがあること

そんな基盤に深く立ち返る今です


閲覧数:82回0件のコメント

最新記事

すべて表示

宝物のような すてきな写真を ありがとう あの日から 今日まで 地を海を丸ごと抱いてきた 島根のワカメを 頬張っています その度に 自分の中の 地が 海が 呼応してる 大丈夫? 大丈夫だ だから 信頼をしています

父と2人で話すときは いつも 答えを互いが聞くとき あぁやっと と 目をつぶって 深く悦んで その感覚は 見えない大切なサポートたちも 拍手している 母にも分からない 涙も 笑顔も あること 父とだからこそ 導きあえた歩み だから 母は優しいんだ あいのなかで 丸ごと抱いてきた時は で合う度に 呼応する 宝物 🌈

近くにいても どんなに近づいたように見えても 深いところでは 分かり合えない悲しみや あきらめとか はじき合う さみしさも それでも 歩みよって協調していくことは もう沢山学んだし 沢山味わえたから そのカリキュラムは もう とっくに おさめた だからこそ ご褒美は 表面的なことはちがうかもしれない けれど 一番大事にしてるものだったり 生きるなかで尊んでいる 自分の軸と同じ 同じ祈りや 感受性を