top of page
  • 執筆者の写真Saito mayumi

皐月🎏


何もない丘 

何もないようでも見えてくる光景 いつのことだろう

18ねん 駆けぬけたなぁ

何か遺せたのだろうか、、

と、肩をおとす   ??

いやいや その逆 胸張れるって

島に導かれた秘密はさておき

島後の丘の上で 

あの金星に繋がってから

ひとつ

ひとつ

あたりまえがひっくりかえり

卒業してくときは

一瞬にして そうなる

いつからか

この形ではなくなったとモヤモヤしていたこと

意識ではわかっていたことだった

その先のイメージが明確になったときに

すごいスピードで起きた

今は変化はこんなにも穏やかなんだと

今までと違う選択に自然と導かれてく

植えつけられた  あたりまえ

もうそれではなくなった風景

そのぜんぶ 溶けていく

そして新しく 

あたりまえを つくっていけばいい

また ひとつずつ

この先に

もっと大きな笑い声が聞こえるんだよね

ちゃんと表現するときがくるまで

今は この視点を足元まで馴染ませていこう

心地いい振動で

その時 どんなに変化しているかなぁ

今朝も 鳥の声が賑やかで 若葉は活き活きしてる

生かされていること

今ここに 全てがあること

そんな基盤に深く立ち返る今です


閲覧数:82回0件のコメント

最新記事

すべて表示

無理をしないでね〜

最近のマル🐶は 自力で立つことも歩行もできなくなりました けれど 心臓は元気。 動きたい素ぶりをするため どうにか工夫して筋トレをしています 祖母の遺してくれた座布団がめっちゃ役に立ってる 足も冷たいからたくさん触って 老いてくマルから気づくこと、沢山あって お目めは最高にキュート。 いろいろのなかで 一歩一歩 すでに よくがんばってるから がんばれなんて、、言えないよね 本当におつかれさまだよ

希望 〜日々を大事に生きよう〜

人も自然のなかの一部。 一人一人ちがうことを改めて改善していく。 記録。 次男のヒーリングを3月末にはじめた。 3歳からアトピー性皮膚炎といわれ、様々を見直しながら、ゆっくり徐々に6歳頃には酷くは出なくなった。 今年2月あたりから何か感じはじめ、口の周りの荒れはひろがり、顔、身体に痛々しい湿疹。 いろいろと耳にも入る。 4月9日 趣味である書道のおかげで、 以前から様々な噂を聞いていた漢方の先生に

いつも中立に

髪サラサラですね〜 とか お肌ツヤツヤ〜 とか 何をされてるんですか とか 何をやっているか分からない とか つかみどころがない とか ど天然 とか そう言われてもいい ただ そうなんだ うれしいなぁと思う 無理のない愛がいい きれいにならなきゃとか 歩かなきゃとか 無理をしていると とても疲れる お花の種類がちがうのに その花になろうとしたってなれないから 家族でも どんなに好きな人でも 受けと

bottom of page