7/9


子供たちの未来のために 

何ができるだろう

いい家に住んで

いい車に乗って

ご近所さんの顔も知らない

何にお金を払う?

癒し?

安定した生活の日々

なのに どうして退屈そうなのか

心は不安定なのか

病気の人が多いのか

tumuguをはじめてずっと思ってきた

わたしはtumuguが好きです 大好きです 

わたしにとっては

最初からこの空間、環境は

あまりにも自然なことで型になった

いつのまにかここは

みなさんの特別な癒される場所になっていた

癒し!?  という言葉はどうもしっくりこなかった

みんな 疲れてる?と、、、。

世の中、大丈夫?

食べ物で元気になってほしいと思うようになった

そう、なっていった

でも、

癒しの場所は、その時の特別な時間

明日から、また頑張らなければいけない毎日がはじまる ってこと

自分の領域を心地よくすることは自分にしかできない

みんな、むずかしいのかなぁ ? と、

思うようになった

だから 会話をたくさんした 

会話をすることで みえてくるものがあった

自由になりたい

愛し愛されること

だから わたしは いつものように問い続けた

自由であることを

愛することを

愛されていることを

自分に許してあげること

と思った

目にみえないことは儚いです

今にも消えそうになるくらい儚いもの 

だけれど消えないように強くすること

そっちをあたりまえにできるまで強くする

いつだって そこに在るものになる

リアルな外側に振り回されなくなる

歪められた人間界を 自然な姿にもどそう

自分で自分を心地よくできる

いつだって自分からなんだ 

一人だけだったらずっと続けていける

でも、わたしには子供がいる

子どもも それぞれの個性がある

だからこそ 今

既存の枠を超えて

もう知りつくした体系の外に出る

まだ小さい人と

みんなで協力して 

あそぶ まなぶ はたらく

何もきまっていないゼロからのスタートは 

もう はじまっています

家族 兄弟 学校 夫婦 仕事 

暮らし方

やったことのない形であろうと

離があろうと

すべてが調和に整う

制限の枠を超えていって

きっと 愛のみで繋がっていけるから

高い精神力をもって 進みましょう

たのしい人生を!


閲覧数:131回0件のコメント

最新記事

すべて表示

宝物のような すてきな写真を ありがとう あの日から 今日まで 地を海を丸ごと抱いてきた 島根のワカメを 頬張っています その度に 自分の中の 地が 海が 呼応してる 大丈夫? 大丈夫だ だから 信頼をしています

父と2人で話すときは いつも 答えを互いが聞くとき あぁやっと と 目をつぶって 深く悦んで その感覚は 見えない大切なサポートたちも 拍手している 母にも分からない 涙も 笑顔も あること 父とだからこそ 導きあえた歩み だから 母は優しいんだ あいのなかで 丸ごと抱いてきた時は で合う度に 呼応する 宝物 🌈

近くにいても どんなに近づいたように見えても 深いところでは 分かり合えない悲しみや あきらめとか はじき合う さみしさも それでも 歩みよって協調していくことは もう沢山学んだし 沢山味わえたから そのカリキュラムは もう とっくに おさめた だからこそ ご褒美は 表面的なことはちがうかもしれない けれど 一番大事にしてるものだったり 生きるなかで尊んでいる 自分の軸と同じ 同じ祈りや 感受性を