• tumugu5kioku

記憶を紡ぐ


わたしの人生は 

未来に向かっているようで

どこかに戻っているような不思議な感覚が

いつからかある

記憶

遠いようで鮮明に

その感覚にまっすぐ進むようになっていて、、

意識だけではない この繋がっている感

言葉にもあまりできない

けれど

煩悩されるのではなくて

降りてくる情報を

この感覚を信じて歩むこと


0回の閲覧

© 2016 tumugu