料理


料理とは?と 聞かれることがある

過程を経て器に盛りつけてお出しするまで

息を多分していないんじゃないかなって思う

生と死は隣り合わせと いつも感じている

それだけ一皿に込めてしまう

でも一度も 完璧だとは思ったことはなくて

いつもどこかに反省点を探してしまう

それでも 毎回はっとさせられるのは野菜や実りの力と味や色や香り、、しっくりくる瞬間があるから

湧き出るイメージを そのまま器に現したい

そして食べてくださる方がいてくれるから また台所に立っている

たのしいとき かなしいとき

みんなと ひとりで

どの場面にも 場面にあった料理がある

どの場面でも はい任せてください と言えればいい

レストランでも教室でもパーティーでも

からだを持っているだけで 本当に凄いことですね


107回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示