11.10


藤野は空が近いです

すでに2020年の流れを ひしひしと感じています

さらに忙しくなりそう💫

健やかな肉体づくり 体力づくり も心がけています

小学生のころ

お医者さんごっこが好きだった

好きだったのかなぁ

唯一 父が わたしに勧めたことだったからかなぁ

わたしの 暇つぶしだった

だからなのか

医療に12年 食に10年 今はセッションもはじめた

向き合ってきたけれど

向き合ってきたのは 人だった

今  そのすべてに携わさせていただいています

こちらに来て ゼロになって あらゆる重みから脱出し続け

そこから歩みはじめた

そのおかげで 究極に自分自身を生きることで

新たな出会いのなか とにかく判断せず

進化できた

旅や愛しさに制限なんてない  限りない

この揺らがない想いがあるから

きている流れを悦んで楽しめる

たとえ一過性であろうと結局はつながっていくから

今を 丁寧に

すべての関わらせて頂くご縁が 

互いの未来の悦びに目的に繋がると信じています

明日は11.11ですねーー はやいです

ちゃんと息子がやりたいことをさせてあげれるように 身体も心も頭も いつも心地よくいられるように

幸せな普通の生活を送ってくことに集中しています


閲覧数:116回0件のコメント

最新記事

すべて表示

宝物のような すてきな写真を ありがとう あの日から 今日まで 地を海を丸ごと抱いてきた 島根のワカメを 頬張っています その度に 自分の中の 地が 海が 呼応してる 大丈夫? 大丈夫だ だから 信頼をしています

父と2人で話すときは いつも 答えを互いが聞くとき あぁやっと と 目をつぶって 深く悦んで その感覚は 見えない大切なサポートたちも 拍手している 母にも分からない 涙も 笑顔も あること 父とだからこそ 導きあえた歩み だから 母は優しいんだ あいのなかで 丸ごと抱いてきた時は で合う度に 呼応する 宝物 🌈

近くにいても どんなに近づいたように見えても 深いところでは 分かり合えない悲しみや あきらめとか はじき合う さみしさも それでも 歩みよって協調していくことは もう沢山学んだし 沢山味わえたから そのカリキュラムは もう とっくに おさめた だからこそ ご褒美は 表面的なことはちがうかもしれない けれど 一番大事にしてるものだったり 生きるなかで尊んでいる 自分の軸と同じ 同じ祈りや 感受性を