発見は冒険


三男が

勉強が楽しいと言った

勉強が楽しいなんて 私は学生の頃思ったことなんてなかったから

すごく嬉しい

苦手が好きになる って すごいこと

甘さは人間が一番簡単に受け入れやすく好きになれる味

けれど

だらだら緩んで常にエネルギーは流れっぱなしになる

口が開いている子に多く見られる 

三男もそうだった 長男と次男とは一人一人ちがうのは 当たり前だから

じっくり観察することで見えてくる

新しい味が必要だった

新しい味に慣れていくのは時間もかかる

けれど なんどもじっくり繰り返す 

頑固さは悪くない 長所だから

家庭でも学校でも みんなで

人は 究極 お腹が空いたら 新しい挑戦を楽しめる 

お腹が空くのは 元気な証拠だから

新しい味を取り入れることにワクワクするしかないのだから

いつ どこで どのように

また新しい春に向けて 


閲覧数:119回0件のコメント

最新記事

すべて表示

宝物のような すてきな写真を ありがとう あの日から 今日まで 地を海を丸ごと抱いてきた 島根のワカメを 頬張っています その度に 自分の中の 地が 海が 呼応してる 大丈夫? 大丈夫だ だから 信頼をしています

父と2人で話すときは いつも 答えを互いが聞くとき あぁやっと と 目をつぶって 深く悦んで その感覚は 見えない大切なサポートたちも 拍手している 母にも分からない 涙も 笑顔も あること 父とだからこそ 導きあえた歩み だから 母は優しいんだ あいのなかで 丸ごと抱いてきた時は で合う度に 呼応する 宝物 🌈

近くにいても どんなに近づいたように見えても 深いところでは 分かり合えない悲しみや あきらめとか はじき合う さみしさも それでも 歩みよって協調していくことは もう沢山学んだし 沢山味わえたから そのカリキュラムは もう とっくに おさめた だからこそ ご褒美は 表面的なことはちがうかもしれない けれど 一番大事にしてるものだったり 生きるなかで尊んでいる 自分の軸と同じ 同じ祈りや 感受性を