• Saito mayumi

🍎🍏

今日は、母から届いた林檎でジャムをつくりました


わたしにとってジャムは特別

おばあちゃんもおじいちゃんも庭や畑の果物で

大量に作って大好きな瓶に詰めてご近所さんに配るのです


そして、できあがると1日かけて、アテを揃えに巡るのです


まんまと受け継いで、、


生クリーム

チーズ

クラッカー

豚肉

野菜

赤ワイン

ろうそく


👟🚃


そして、母の日に こどもの日に 友人の誕生日に 🕊


息子の彼女には私の愛用グッズ❤️銅の舌クリーナーも一緒に。



そう、引っ越しで、洋服を改めて一枚一枚たたんでいると


もう一生分はあるのですが、、


同じような形、素材、ばかり。


どこかで、医療服にこんなのあったらなぁという目線で選んでいたのですね


とにかく動作を妨げる衣服が無理なもので。



今は防護のため黄色い宇宙服を着ていますけれど


これが患者さんにはとても癒されるようで、、


わたしだけ、黄色なんです。


シャボン玉でも飛ばそうかなぁ、、!と



という感じで、人は意識的に自分に合ったものを求めているもので、ちゃんと正しく出会えるものです と改めて。


なんでもかんでもなら、そうなる



息子の彼女も負けじと自分のケアに怠らない


娘のような気さえなるほど、感性が似ていて、これからがとても楽しみなのです


次の世代にのこしたい 本気で本当のことを いつも



あ、絶対に島に出張料理に行くのです!



おやすみなさい













閲覧数:73回0件のコメント

最新記事

すべて表示

宝物のような すてきな写真を ありがとう あの日から 今日まで 地を海を丸ごと抱いてきた 島根のワカメを 頬張っています その度に 自分の中の 地が 海が 呼応してる 大丈夫? 大丈夫だ だから 信頼をしています

父と2人で話すときは いつも 答えを互いが聞くとき あぁやっと と 目をつぶって 深く悦んで その感覚は 見えない大切なサポートたちも 拍手している 母にも分からない 涙も 笑顔も あること 父とだからこそ 導きあえた歩み だから 母は優しいんだ あいのなかで 丸ごと抱いてきた時は で合う度に 呼応する 宝物 🌈

近くにいても どんなに近づいたように見えても 深いところでは 分かり合えない悲しみや あきらめとか はじき合う さみしさも それでも 歩みよって協調していくことは もう沢山学んだし 沢山味わえたから そのカリキュラムは もう とっくに おさめた だからこそ ご褒美は 表面的なことはちがうかもしれない けれど 一番大事にしてるものだったり 生きるなかで尊んでいる 自分の軸と同じ 同じ祈りや 感受性を