おいしい∞

本当の、



おいしい。



言葉にすると軽率になるような気がして、


おいしい は、


あまり書かないできた。



湯気たつ、お味噌汁やスープ、お茶、、、。


たくさんの、おいしい を


周りから頂いてきた


ある人は、涙をし、ある人は、おかわりをし、


ある人は、美しい写真をのこしてくれ、


ある人は、教えてくださいと、、。



いつも、いつも、家庭から、家族へのごはんから拡がった 


 

今は、息子と2人だけれど、


たくさん美味しいものがあって、


たくさんお店があって、


それも幸せで、幸せだから、


普段着のお味噌汁は、より幸せだなぁと気づく。


すでに幸せだから、また幸せに出会う。


度に、クリアになって、この、くりかえし。



真から、やすらぐ。落ち着く。



これは、とても大切なことで、むずかしいことだけれど、


また、おいしい を見ていきたい


純粋に、うれしいを。また、許していこう


宇部の家での、おはぎの会の希望を、


ありがとうございます


本も無い、お店も無いけれど、


受け継いで頂いている、ごはん。


そんな方々へ、


私も嬉しいので、開催予定してます



2021.1月に❣️
















閲覧数:61回0件のコメント

最新記事

すべて表示

宝物のような すてきな写真を ありがとう あの日から 今日まで 地を海を丸ごと抱いてきた 島根のワカメを 頬張っています その度に 自分の中の 地が 海が 呼応してる 大丈夫? 大丈夫だ だから 信頼をしています

父と2人で話すときは いつも 答えを互いが聞くとき あぁやっと と 目をつぶって 深く悦んで その感覚は 見えない大切なサポートたちも 拍手している 母にも分からない 涙も 笑顔も あること 父とだからこそ 導きあえた歩み だから 母は優しいんだ あいのなかで 丸ごと抱いてきた時は で合う度に 呼応する 宝物 🌈

近くにいても どんなに近づいたように見えても 深いところでは 分かり合えない悲しみや あきらめとか はじき合う さみしさも それでも 歩みよって協調していくことは もう沢山学んだし 沢山味わえたから そのカリキュラムは もう とっくに おさめた だからこそ ご褒美は 表面的なことはちがうかもしれない けれど 一番大事にしてるものだったり 生きるなかで尊んでいる 自分の軸と同じ 同じ祈りや 感受性を