• tumugu5kioku

健康



「 怖くないよ。今日も、大丈夫だよ 」



障害のある方々のケアは、いつにも増して、

気に繊細になる


それは、長い時間、ご家族も一緒に診療に寄り添っていただくから



20歳から10年間、障害のある方々の口腔ケアに携わっていた


みんな違うことを深く観察し知った


たくさんの施設に行って●●症候群と名のつく方たちと接した


健常者の方には、今以上のケアを伝えるにもかかわらず、


障害の方には、虫歯の治療しかできないもどかしさがいつも胸を締め付けた


 「 大丈夫だよ 」


同じ言葉でも、今は、あの頃と違う

必要なことに気づいて、こころを差し伸べてあげれていたら、そこには動も受も求もない


子供や、障害のある方、そういった小さな声の方々へ、かわいそう という見方で接すると、傲慢で愛とは正反対になる


けれど、

力のあるもの、力のないものは存在する

男女だって家族だって社会だってそう言える

こころの正しさ、アプローチが問われる 

守るどころか、傷つけることにもなる

目を向けられないものにも

無言の中にも

生きている理由がある

石ころ、空き缶、砂、岩、煙草、、、、、、、

ただ そうなるようになっているものに

判断さえも持つことのないものに裸の質を感じる。判断するのはいつも人間だ。

話すことさえできない障害のある方々、

だからこそ、たかが言葉ではない言葉に、一つの体現をおもう


煌びやかなほど囚われてしまう人間

でも本質はそうじゃない

私は私に向かう人生が好きです


何をしても、

こころは何も変わりません

愛することに向かい教わり這い上がり今がある

違和感は勇気をもってはずし

見返りは求めず

焦らず見守りながらケアをさせていただく


新たに、発信していけるように自分の場を持つことに意識を向けています

息子が楽しく毎日過ごせる事も重視しつつ

tumuguとは、あまり変わらないかもしれないけれど、大きくなった視野でたんたんといつになるか分かりませんが、、。



お読みくださり いつもありがとうございます


╰(*´︶`*)╯♡╰(*´︶`*)╯♡



#チャーハン







63回の閲覧

© 2016 tumugu