合唱

あたりまえのように流れる時間

音はないようで

微かな音に耳は敏感になる



なにかが死んで


なにかが産まれて


それだけは変わらないこと。



子どもたちと摘んだ


赤薔薇の花弁を1枚1枚、水に浸す


火を起こして 聖火台に火を灯す


ランナーは走る


聖火灯台の下では選手が戯れる


まわりは審判員


山からは観察人


準備体操


幅跳び


円盤投げ


槍投げ


レスリング


リレー


スタート バトンを繋ぐ 縁を周る ゴール



聖火台にたどり着く


浸しておいた赤薔薇の花びらで


静かに鎮火する


全員の頭には月桂樹の冠を


香りをいっぱい吸いこんで


そして 歌う






すべての行いには希いがある


ひとつの生命の希いは、


きっとそうだったと思うから だなんて


はかりしれないけれど


すべては意味があり同時に動いていて


ちゃんとその音を感じれていたい



絶望より希望を選びつづけてこられた

大切な人たちの笑顔のために希われたバトン


最初で最期の遺された絵は証明に、想う




2020.09.22 秋分の日


















閲覧数:57回0件のコメント

最新記事

すべて表示

スピリチュアルな人って ? スピリチュアルを 学んで扱うこと と 本来ある自らの霊性を扱うこと は 全く 真逆です そろそろ9月も終わり 秋分を迎えます 自分自身に集中して sessionに来てくださっている方 繋がっている方 休養できましたか ? 混沌とした世界で 与えられた使命を全うし 0からスタートし 世の中を調和の方向へ 導くことができるのは 霊性開花しきった 女性の役目です 霊性開花とは

毎日 どんな秋ですか? わたしはというと 仕事をやめてから こんなにも深く 睡眠や休息がとれるなんて 極上でございます 💖 日々のセルフケアも 本当に 穏やかで愛おしい 一生懸命 明くる日に残らないように がんばっていたなぁと 今はガチで よくやったー✨ と 思っています でも のこったのは 老若男女 みなさんとの こころからの信頼関係だった なんでも話して たくさん聞いて さらけ出したおかげさ

沢山の経験をして しなくてもいい経験も してきているかもしれない だからこそ こんなに恵まれていることに 愛おしさしかない ほんの些細な日常のなかに マジシャンを みつけられる 行われる こうなるために 全ての経験が必要だったんだと 今は思う 周りは 細かくは分からないし 話しても分からない けれど そういった事からも 解放されて 今在る私が 愛して 何事にもとらわれない愛から 愛されることが 確