神聖

先日は大きな地震がありましたね

どうか今もご無事でいてください



わたししかできないことは


わたしにとっては軽くて


けれど


多くの人からは重いとか恐いとか感じられる


だから色々くる情報は、背中をみせてく生きかたにした



現実世界にどっぷり浸かって体験すると


やっぱり私にはそっちの世界が重いから


多数がいいというのも全くなくて



小さな群れ

それこそこれから必要なこと

そうだったように



こんな私を職場や学園の人は


理解してくださるおかげで


敏感すぎることを手放し


また鈍感になれたら


やっぱり、わたしにしかできないことが生きてきた


偶然や、閃き、自然界との繋がり、先を読むこと、周りが変わること、



両親

子どもたちは、ダイレクトに繋がっている

生まれた場所も

導かれる場所も人もそう

わたしの役目がある

終わればまた次がくる



降りるのではなくて、降ろすこと。



人には言えない

同じような人がいるのだとしたら

エゴの揺り戻しには気をつけて



それが、たのしいし、楽なんだから


それを、許そうね



たくさん降った雨のおかげさまで

クリーンになり

虹がでましたねーーー




愛の道












閲覧数:46回0件のコメント

最新記事

すべて表示

宝物のような すてきな写真を ありがとう あの日から 今日まで 地を海を丸ごと抱いてきた 島根のワカメを 頬張っています その度に 自分の中の 地が 海が 呼応してる 大丈夫? 大丈夫だ だから 信頼をしています

父と2人で話すときは いつも 答えを互いが聞くとき あぁやっと と 目をつぶって 深く悦んで その感覚は 見えない大切なサポートたちも 拍手している 母にも分からない 涙も 笑顔も あること 父とだからこそ 導きあえた歩み だから 母は優しいんだ あいのなかで 丸ごと抱いてきた時は で合う度に 呼応する 宝物 🌈

近くにいても どんなに近づいたように見えても 深いところでは 分かり合えない悲しみや あきらめとか はじき合う さみしさも それでも 歩みよって協調していくことは もう沢山学んだし 沢山味わえたから そのカリキュラムは もう とっくに おさめた だからこそ ご褒美は 表面的なことはちがうかもしれない けれど 一番大事にしてるものだったり 生きるなかで尊んでいる 自分の軸と同じ 同じ祈りや 感受性を