top of page
  • 執筆者の写真Saito mayumi

💫

完全に、ひとつのサイクルを終えた感じです


循環というのでしょうか、、


個の循環



故郷を離れ 家族と離れ お店をやめ 


さらに自分自身の直感で生きる覚悟をきめた


2019.だった



変化の後とはいえ


起こることが容赦なくて もう


自分自身が恐くなるくらいだった


それは渦巻き銀河の中にいるようでした


それでも、ひとつずつの感情に向き合い、


優しさとは何だろう


愛とは何だろう


期待とは何だろう


許せないのだったら許せなくてもいいんだと


ゆっくり ゆっくり


そして罪悪感の生じ


それでも私は私を諦めなかった


罪悪感は、自分が嫌われる存在になること、そんな感覚


これを超えてこそ、完全な自分信頼になることでした


同時に、大きなものへの信頼です


おかげで、このコロナという見えないウイルスの中でも


医療現場に立て、たくさんの方々のケアができ


守られたなかで優しい時間を過ごせた


何をしてる人とか、すごいとかすごくないとか、


お金があるとかないとか、


そんなことはとても小さなことで、


生命、身体、そのものに容赦なく向き合うことになったのではないでしょうか


言葉や表現は何とでも表せる


けれど、心からの本音は言葉にはなかなか出来ないもの


だから、こんな時こそ、

置かれた状況と照らし合わせ

分かりやすく 人の本音が現れたのではないかなと、わたしは思います



世界中の循環はますます分かりやすくなるかもしれないですね



水面下では始まっているであろう新サイクルにおいての大切なことは


内緒です🤫


セッションを大いに活用してください


いつでも、お気軽にお声掛けください






閲覧数:105回0件のコメント

最新記事

すべて表示

みどりの日

新緑が美しく 聞こえる音も 新緑の様に 感じる 花や蜜蜂、中も、外も、 ヒソヒソと情報交換 そんな羽は尊くて 存在の尊さを 認識する ととのうって よい流れにのること そんな風に思う 美しさは 綺麗だけではなく もがくなら もがいて 息子がもがくなら 一緒にもがいて もがいて 安心安全なレールを用意しすぎない かっこわるいを知らないことこそ かっこわるいと思うから さみしいや悔しさズルさ心配もある

今日のマルU^ェ^Uも、いい💩

わたしは視力が良くないので、近くをみる。 だから、感じた気持ちを置きざりにできないところが良いところでもあり、なかなか流せないところでもある。 けれど、遠くを見すぎると、 感じた気持ちや 直感を見逃すってことも、ある様に思う。 息子たちもひとつひとつ歩んでいます 持っているものを持っててもいい 一番近いこころを 直感を大切にしてほしい

🌏

ゴミからはじまる なんで? 今日は おおきな◯い真鍮を支えている アクセサリーの紐を お治しします ◯の中にいると見えないものを ◯から出て、見ることで ◯の中がよく見える 心地良く暮らせるように 何を手にしますか 🏃‍♀️‍➡️ ランニングのあとは とても さわやかな気持ちになります 清々しい 循環

Comentarios


bottom of page