シンプル


学校を下ったら 懐かしいこれ

ヘレンケラーが好きだった

いちじく ブラックベリー ブルーベリー 柿

にわとり も いる

お腹が空いてきた

朝から水しか飲んでないなぁ

からだは食べたものでできている  

食べたものも食べたものから できている

排出するからだは一瞬一瞬流れている

食べたものは 環境 そのものだと思う

どこへ行くのかを知るためには

どこから来たかを知らなければいけないと思う

破壊の意味 これからの未来へを創るために

長い時間がかかることこそ成ると信じていることだと思う

織ること tumuguの原点です

縁によってつながり、起きていくこと

このシンプルなことこそ環境と思います

地球に生かされている 環境の一部である人間

何年も何年もかかって成長していく地球の先端に

今日も生きている

背中合わせで進む円

わたしにできないことでも、できることでも、

正反対のやり方で進めていける縁

すごいなぁと思う

知性や感性は自分らしさ

得意不得意も好きも嫌いも

真似はできないけれど理解したくて

わからない

わかる

たのしくない

たのしい

ちがい  と  おなじ に、素直でいたい

ちがうからこそ愛おしくて

おんなじだと知る

大切だと知る 

大切にしていることを

分かりたい

らしさを分け与えたい

おなじ想いがあるなら あるから

見えないなかでもプロセスを進んでこれたと

自分のなかではストンと落とせている

料理も宇宙も 分かりづらくって

見えない陰陽だけれど

命を織りつづけている道のり

いつか 背中合わせの道のりが

向き合える日が来ると信じています

ほんとうは分かれていないから

半年の間 準備されてきた千畳敷で開催予定でした

ザビレッジ 天候のため中止と聞きました

大きなものが動いているし動いたと思います

たくさんの方々が何かの気づきのきっかけに、、

という想いは消えないんだと信じています


閲覧数:168回0件のコメント

最新記事

すべて表示

宝物のような すてきな写真を ありがとう あの日から 今日まで 地を海を丸ごと抱いてきた 島根のワカメを 頬張っています その度に 自分の中の 地が 海が 呼応してる 大丈夫? 大丈夫だ だから 信頼をしています

父と2人で話すときは いつも 答えを互いが聞くとき あぁやっと と 目をつぶって 深く悦んで その感覚は 見えない大切なサポートたちも 拍手している 母にも分からない 涙も 笑顔も あること 父とだからこそ 導きあえた歩み だから 母は優しいんだ あいのなかで 丸ごと抱いてきた時は で合う度に 呼応する 宝物 🌈

近くにいても どんなに近づいたように見えても 深いところでは 分かり合えない悲しみや あきらめとか はじき合う さみしさも それでも 歩みよって協調していくことは もう沢山学んだし 沢山味わえたから そのカリキュラムは もう とっくに おさめた だからこそ ご褒美は 表面的なことはちがうかもしれない けれど 一番大事にしてるものだったり 生きるなかで尊んでいる 自分の軸と同じ 同じ祈りや 感受性を