• Saito mayumi

🤝


こんばんは🌚 新月♎︎そして今年もあと3ヶ月ですね

山口から友人が来ていました 息子の誕生日をお祝いしていただいて そしてクラスの子供たちにはチーズケーキを焼きました おめでとう 11さい 

子どもたちから 

すごく美味しかった!

チーズが苦手だったけど好きになった!

と 感想を聞いて

また この子達に食べて貰いたい と思いました

チーズケーキはシンプルだけれどギュッと

味わい深くて色んな濃さを感じれるので

息子たちのお誕生日は毎年チーズケーキなのです

わたしの作るもので苦手が旨味に変化する

とても嬉しいことです

苦いを初めに感じてしまったら なかなか難しいから

小さなうちに どう旨味に変化していけるのか

その子の全体から何が必要かを感じとれること

塩のイメージです

そして

安心できる器を先につくること 

それが わたしの役目です

いただくメッセージに

ひとつひとつ お返事を返させて頂いています 

みなさん女性です

メッセージから状況はちがえど、

繋げて見えてきたことがあります

内へ向かうこと

完全に!です

子どもが

夫が

病気が

親が

家が

仕事が

外で起こることは全て 

あなたの内に向かうためのギフトのような

宿る力を思いだすためのスイッチのような

ものだと思います

世界中に散らばった 

ひとつひとつの自分の欠片を集めていく旅は 

本来の自分自身に近づくための宝のようなものだと思います

多くが必要ならば多くの星を歩き 種を蒔き 収穫し

それは宿る力を思い出してほしいと

男も女もどちらも備えている自分自身の声を聞いて と囁かれているかのように

きっとそれは 他の生命の宿る力をも

思いださせ立ちあがることに繋がっているのかな

と今思います

わたしにとっての

医

食

住

は そのためのものでした

表面だけをみていては 自己を生きることにはなりません

まず 自分自身と🤝 から

それから、、、?

あらゆる内なる感覚を信じて生きれるようになるのだと思います

高尾山に夜 クラス全員の子供たちとムササビを見にいきました

初めて見るムササビにも驚きましたが 高尾山は六根の神さま。

六根とは、、

眼 みる。耳 きく。鼻 嗅ぐ。舌 味わう。身 感触。

これらの大切な情報を正しく判断する 意(心)のこと。

山は鏡だと思いました

とっても気持ちいい場所です ぜひ

そんなこんなのタイミングで

六根からの味覚のお話ですが

ご父兄様から、大人も体感したいと

御要望を頂いたようなので

大人の方も見学だけではなくご一緒に参加できるようになりました

募集を募るようなのでお申込みをお待ちしています

遠方からのお料理の問い合わせがあります

今はお店はありません

マンツーマンの教室とセッション、

お昼のお食事もご予約のみです。

自宅と自宅周辺の建物にて開催しています

出張料理もご相談の上に決めさせていただきます

メッセージだけではなく実際に脚を運んでくださる方もご相談ください

詳しい内容はメールにてお問い合わせくださいね

いつも ありがとうございます

環境や自己の変化に、息子のもってくる変化に、

ついていくことに集中しています

今まで体験したことも無かったことを

体験するようになりました

随分と古い過去を思い出してから

長く活発であった私ではもうありません

ですが困ったことは叶うようになっている運びに

毎日が守られていることを知ります

夢のメッセージも頻繁に行われています

破壊は再生です

それは火に飛びこむようなものです

だけれど静かに宿る力を永遠を知っているからできるのだと最近思います

内へ内へ向かうことで むしろ もっと強くなって 

も一つ

遠方の方とのスカイプでのやりとりを考えています

言葉だけ書くという作業は どうしても 一方的になってしまう部分もあるので、お顔や声を感じながらの やりとり を時間を設けてしたいなぁと。

もちろん、言葉だけで充分という方はそちらを。

ブログや おひとりおひとりへの返信には、どうしても限界があります

また このことは温めて整えられた状況と相談のうえ お伝えします

長くなりました すみません 🌚

ありがとうございます


閲覧数:125回0件のコメント

最新記事

すべて表示

宝物のような すてきな写真を ありがとう あの日から 今日まで 地を海を丸ごと抱いてきた 島根のワカメを 頬張っています その度に 自分の中の 地が 海が 呼応してる 大丈夫? 大丈夫だ だから 信頼をしています

父と2人で話すときは いつも 答えを互いが聞くとき あぁやっと と 目をつぶって 深く悦んで その感覚は 見えない大切なサポートたちも 拍手している 母にも分からない 涙も 笑顔も あること 父とだからこそ 導きあえた歩み だから 母は優しいんだ あいのなかで 丸ごと抱いてきた時は で合う度に 呼応する 宝物 🌈

近くにいても どんなに近づいたように見えても 深いところでは 分かり合えない悲しみや あきらめとか はじき合う さみしさも それでも 歩みよって協調していくことは もう沢山学んだし 沢山味わえたから そのカリキュラムは もう とっくに おさめた だからこそ ご褒美は 表面的なことはちがうかもしれない けれど 一番大事にしてるものだったり 生きるなかで尊んでいる 自分の軸と同じ 同じ祈りや 感受性を