now


遠くから

滞在したいと訪ねてきてくれる人たち

また一人 また一人、、

仕事とか家庭とか子供とか

周りの環境を離れて ただ 自分の声にしたがって見る

だから  

なんで? どうしたい?

なんて聞いたところで、、、

散歩に行きたければ行くのだから

本宮に戻りたい 帰りたい

もうちゃんと自分で行き先を分かってるから

準備してきたことを確かめるように

聞いてほしい と。。。

けれど

令和になっても なかなか簡単には変化できない 個

愛 お金 性 自然界 あらゆる軸足

圧力がかかったことは 仕方がなくて 

時代の変化は そう容易くなくて

全てを受け入れる

見えるものと見えないものを同じように扱わない

陰と陽は同じではないから

見えない陰が変わることで 陽も変わっていく

同時だけれど 決して 同じではない

二極だけの見方では これから先難しい

神さまがいるのだとしたら神さまに支配されるのではなくて

社会にも支配されるのではなくて

自分の中の神さまを魂を引き出して

個の完成を終えたら

ここから いってらっしゃい

立ちどまることによって見えてくる 始まり 深まり

ここまで来れたことを 受けとめて 抱きしめてきました

いつでも 戻ってこれるように 私は 手をひろげて

今 ここに居ます

再会の約束をしたかのように

溢れるものを知らせてくれて ありがとう

2日前から台風の影響で不通でした中央本線が

開通しました

セッション、お昼の料理に脚を運ばれる方々はお問い合わせください


閲覧数:123回0件のコメント

最新記事

すべて表示

宝物のような すてきな写真を ありがとう あの日から 今日まで 地を海を丸ごと抱いてきた 島根のワカメを 頬張っています その度に 自分の中の 地が 海が 呼応してる 大丈夫? 大丈夫だ だから 信頼をしています

父と2人で話すときは いつも 答えを互いが聞くとき あぁやっと と 目をつぶって 深く悦んで その感覚は 見えない大切なサポートたちも 拍手している 母にも分からない 涙も 笑顔も あること 父とだからこそ 導きあえた歩み だから 母は優しいんだ あいのなかで 丸ごと抱いてきた時は で合う度に 呼応する 宝物 🌈

近くにいても どんなに近づいたように見えても 深いところでは 分かり合えない悲しみや あきらめとか はじき合う さみしさも それでも 歩みよって協調していくことは もう沢山学んだし 沢山味わえたから そのカリキュラムは もう とっくに おさめた だからこそ ご褒美は 表面的なことはちがうかもしれない けれど 一番大事にしてるものだったり 生きるなかで尊んでいる 自分の軸と同じ 同じ祈りや 感受性を